太陽光発電システムの設置をお考えのお客様


◆設置は誰が行うのか?

太陽光発電システムの設置には施行認定者が必ず取付を行います。

認定資格(施行講習を全て終了した資格者・メーカー側で施行講習は行われています)

◆トラブルに巻き込まれないために

認定資格は持っていれば、屋根工事知識・技術が無い会社も設置工事が出来ます。

太陽光発電は、設置をする際に屋根の瓦をはずしたり、雨の水が入らない加工や屋根板に固定の為にボルトを打ち込んだりするのですが、屋根工事があまり詳しくない為に、屋根や壁に穴をあけてしまったり、設置工事中に事故を起こしてしまったりなど、トラブルになる可能性があります。

ぜひ、安心できる当社屋根工事専門店にご相談ください!

◆設置するにあたって事前調査が必要!

太陽光発電は、下記のようなことが考えられるため、必ず調査してから設置を行わないと、

設置した結果、発電量が低いために電気代が安くならないなどの原因になります。

  • 住まいの地域の日射量によって違いが出ます
  • 屋根の勾配や方角で日射量が異なるため、発電量が違います
  • 屋根の形状により設置パネルが異なります
  • ご家庭のライフスタイルによって発電量が異なります

当社では、年間予想発電量・設置場所面の方角・日射量の測定計算などを事前に行った上での設置をお願いしております。

◆当社では

屋根工事資格者、屋根工事安全面においても安心です。

設置もこれまでにたくさんの屋根工事をしてきたキャリアで、様々な形状の屋根も施行時間も短く、責任施行です。

太陽光発電の設置工事


ただいま作成中