· 

陶器瓦屋根への太陽光発電システム設置工事を行いました。in宇都宮市

 

今回も既築住宅への太陽光発電システム設置工事にお伺いしました。

 

今回はPV(太陽光システム)を取り付ける屋根材は陶器瓦となります。

 

 

 

寄棟形状2階建て屋根が今回の施工対象範囲となります。

 

まずは、墨出し作業から始まります。

 

ここでいう墨出しとは設置屋根面に太陽光パネル実寸の設置設計図を書く作業にあたります。

 

太陽光パネルを取り付けるにあたり、風の影響を極力受けずに済む範囲内で、効率よく発電出来る場所を策定しながら行っていきます。

 

 

 

次に、アンカー金具という瓦へ直に取り付ける金具を取り付けていきます。

 

まず、架台を固定する金具を取り付ける為に、既存屋根材に専用のコアドリルを用いて穴を開けます。

 

次に既存野地板の上に強化用板を取り付け、そこへアンカー金具を設置し、穴を開けた屋根材を被せ、金具との隙間を変性シリコンーキングで塞いでいきます。

 

 

 

アンカー金具の緊結作業を終えたら、太陽光パネルを乗せて固定する、専用架台をそこへ取り付けていきます。

 

この時、専用架台の水糸を用いながら高さ調整をし、不陸が無いように位置決めをしていきます。

 

架台を固定したら、太陽光パネルで発電した電気をまとめる、アレイケーブルを仕込みます。

 

今回は、屋根裏にアレイケーブルを落とし込めるよう、配線引き込み金具(配線金具)の設置を行います。

  

 

 

配線引き込みとアレイケーブル仕込みが終わったら、いよいよ専用架台へ太陽光モジュール(太陽光パネル)を設置していきます。

 

設置時に、仕込んだアレイケーブルと接続しながらの作業となります。

 

最後に各面の電圧測定をし、電圧に異常がないことを確認して工事が完了です。

 

私たち『やねうち』では屋根工事だけではなく、住宅用・産業用ともに太陽光設置のご相談も承っておりますので、ご気軽にご相談ください!!