· 

那須烏山市で和瓦大棟を積み直しました。

 

那須烏山市で和瓦の大棟積み直し工事のご依頼を頂きました。

今回、施工前の写真を撮り忘れてしまいました。

屋根材は和瓦本燻しとなります。デリケートな高級屋根材です。

 

 

既存棟を解体した後、既存の棟瓦を再利用しながら積み直しを行います。

屋根下地を支えている棟木に、等間隔で鋼製の耐震杭を打ち込んでいきます。

 

 

 

耐震杭にそこへ被覆鉄筋を緊結します。

この被覆鉄筋に銅線を用いて、棟の瓦を全て緊結していきます。

 

これが耐震・耐風工法(ガイドライン工法)による棟積み直し工事となります。

この工法で工事をすることにより、加速度が加わらない速さ(1G)で360°ぐるりと回転させても棟が脱落したり崩れたりしない強度を持つことが出来ます。  

 

 

 

すべての熨斗瓦を被覆鉄筋に緊結していき、最上段の5寸素丸という冠瓦も被覆鉄筋に緊結している銅線で固定していきます。

冠瓦においては、相互をシリコンボンドにても緊結していきます。

念には念の補強工程となります。

 

 

 

こちらのお宅では、金焼家紋が取り付けられていたので、そちらの復旧も行います。

棟積み直し工事の際に、家紋を取り付けるための銅線を仕込んで置き、棟を積み終えた時点で取り付けるようになります。

家紋がつくと大棟の雰囲気がガラっと変わるので不思議です。

無事棟積み直し工事の完了です。