輸入瓦を用いて塀笠木工事


 

宇都宮市の某福祉施設の塀笠木工事を行いました。

主材の瓦は、なんとヨーロッパからの輸入品となります。

在庫も残り少ないので、材料を無駄にしないようにしなくてはいけなくて、緊張しました。

 

塀笠木下地はコンクリートで外皮を覆われているものでした。

笠木の下地材(木材)をコンクリートビスで取り付けるのですが、ビスを打ち込む穴(下穴)をあける作業がまず必要になります。

 

笠木本体をの高さレベルを統一するために、木下地を取り付けています。

 

木下地を覆い隠すように、南蛮漆喰を土台として塀上部に馴染ませていき、そこへ輸入瓦の笠木瓦をステンレスビスとシリコンコーキングを併用して緊結していきます。

 

 

塀笠木工事が無事完了しました。

材料が足りて良かった~。