谷板金工事 事例集


谷板金 カバー工法工事


1⃣ 既存谷板金上に新規谷板金を被せる工事をする前の様子です。

  谷板金に穴が開き雨漏れし、雀の出入りが頻繁にありました。

2⃣ 谷板金まわりの瓦を解体し、既存谷板金の全体が見える

  状態にします。


3⃣ 被せた新規谷板金との電蝕を防ぐため、既存谷板金の上に

  ルーフィングを敷き直接触れない措置をしていきます。

4⃣ ルーフィングの上に新規谷板金を被せた様子です。

  谷板金同士の重ね代にはシリコンコーキングにて防水措置をとります。


5⃣ 谷板金の上に加工した瓦を戻す際、南蛮漆喰にて雀侵入防止

  措置を施している様子です。

6⃣ 谷板金カバー工事が完了した様子です。

  これで雨漏れと雀に巣を作られる心配がなくなりました。 


谷板金 銅板専用皮膜剤塗布


1⃣ 銅製の谷板金が瓦の上を流れる酸性雨の影響で、

  腐食してしまっている様子です。

2⃣ 銅は熱による伸縮率が大変高い金属です。銅に皮膜を作るに

  は、その伸縮に対応できる専用の皮膜剤が必須となります。


3⃣ 銅専用皮膜剤を塗布している途中の様子です。

  左上が塗膜を塗装した状態です。

4⃣ 銅専用皮膜剤の塗布が完了した様子です。

  数年間、既存谷板金の保護出来ます。