カバー工法工事 事例集


化粧スレートに石付き板金(T・ルーフ)をカバー工法工事①


1⃣ 経年劣化した既存屋根を剥がさず、その上に新規屋根材を

  カバー(被せ葺き)する工事となります。

2⃣ まず、既存屋根の上に防水シートを張るために、突起してる

  役物を撤去し、既存屋根をなるべく平らな状態にします。


3⃣ 既存屋根に大きな傷みや腐食がないことが確認できたら、

  既存屋根の上に自着性の防水シートを施工します。

4⃣ 防水シート(自着生ゴムアスルーフィング)の上に新規屋根材を

  専用ビスで取り付けていきます。


5⃣ 新規屋根材の平部材の施工が完了し、棟部材の下地を

  施工している様子です。

6⃣ 棟部材を取り付け、カバー工法工事が完了した様子です。

  工事期間の短縮と廃材排出量を軽減を図ることが出来ました。


化粧スレートに石付き板金(T・ルーフ)をカバー工法工事②


1⃣ 経年劣化した既存屋根を剥がさず、その上に新規屋根材を

  カバー(被せ葺き)する工事となります。

2⃣ まず、既存屋根の上に防水シートを張るために、突起してる

  役物を撤去し、既存屋根をなるべく平らな状態にします。


3⃣ 既存屋根に大きな傷みや腐食がないことが確認できたら、

  既存屋根の上に自着性の防水シートを施工します。

4⃣ 防水シート(自着生ゴムアスルーフィング)の上に新規屋根材を

  専用ビスで取り付けていきます。


5⃣ 新規屋根材の平部材の施工が完了した様子です。

  棟の下に隠れる部分も極力隙間が無いよう施工します。

6⃣ 棟部材を取り付け、カバー工法工事が完了した様子です。

  工事期間の短縮と廃材排出量を軽減を図ることが出来ました。


化粧スレートに横葺き板金をカバー工法工事


1⃣ 経年劣化した既存屋根を剥がさず、その上に新規屋根材を

  カバー(被せ葺き)する工事となります。

2⃣ 既存屋根に大きな傷みや腐食がないことが確認できたら、

  既存屋根の上に自着性の防水シートを施工します。


3⃣ 防水シート(自着生ゴムアスルーフィング)の上に新規屋根材を

  専用ビスで取り付けていきます。

4⃣ 平部の施工が完了したら、次に棟部の施工となります。

  棟役物同士の重ね代は大きくとり、シリコンコーキングを挟みます。


5⃣ 新規屋根材の平部材の施工が完了した様子です。

  棟の下に隠れる部分も極力隙間が無いよう施工します。

6⃣ 棟部材を取り付け、カバー工法工事が完了した様子です。

  工事期間の短縮と廃材排出量を軽減を図ることが出来ました。