那須塩原市で漆喰修理と瓦の補修工事

 

和瓦屋根で漆喰の剥離と、のズレの補修工事で那須塩原市にお伺いしました。

 

 

 

全景の様子です。

 

 

 

築30年ほどのお宅で経年劣化により、今回の症状が出たものと思われます。

 

 

棟違い部分の漆喰が剥離・脱落している様子です。

 

漆喰のパックアップ材自体の傷みがないかの調査も必要そうです。

 

下地のバックアップ材自体の補修が必要な場合は、この時補修します。

 

今回使用するバックアップ材は南蛮漆喰となります。

 

南蛮漆喰とは主成分は石灰で、これに油脂や粘土、土などを混ぜたものを一般的に指します。

 

バックアップ材がある程度乾いたら、主材の漆喰を塗っていきます。

 

これで漆喰修理は完了です。

 

 

 

 

棟部分の漆喰は瓦との間に隙間が出来てしまっている為、隙間箇所にシーリング材を塗布します。

 

隙間をそのままにしておくと、雨などが浸水し雨漏れの原因にも繋がります。

 

 

 

  

最後に瓦のズレの補修作業です。

 

強風・地震などで落下飛散等の2次災害がおきる前に補修をすることが出来て本当に良かったです。

 

なかなか目の行き届かない屋根の上ですが、定期的な点検をお薦めいたします!!