· 

那須塩原市で軒先の和瓦のみ、板金屋根に葺き替える工事を行いました。

 

那須塩原市で和瓦屋根の軒先のみ軽量化を図りたいということで、部分的に板金屋根に葺き替える工事のご依頼を頂きました。

 

 

こちらの1F屋根の軒先が、瓦の重みで垂れてきてしまっていました。

更に、屋根の勾配設計が瓦を施工するために必要な基準を満たしておらず、軒先に雨漏れをおこし、軒先の木下地(野地板等)が部分的に腐っていました。

 

 

 

まず軒先の瓦を解体していきます。

そして既存の瓦桟木(瓦を引っ掛ける桟木)を撤去します。

屋根に残ったゴミ等を掃除し、この上に新規野地板を施工していきます。

 

 

 

 

掃除をした既存ルーフィングの上に新規野地板を増し張りします。

これはこの後施工する板金屋根を強度のある野地板に施工するための補強をする為となります。

野地板を施工したら、新規ルーフィング(防水紙)を施工していきます。

 

 

 

 

いよいよ本工事の主体となる作業にはいります。

板金屋根材 縦平(立平)葺き板金を施工していきます。

こちらの屋根材は比較的勾配が緩やかな屋根に使うのに適しています。

 

 

 

縦平板金を納め終わったら、既存の和瓦を納めなおしていきます。

縦平の「タテハゼ」の部分が軒先の瓦と干渉するので、そこを加工しながら納めていくことになります。

 

 

 

最後に軒先の瓦を納め直したら屋根の工事は完了となります。

追加で軒樋の設置工事もご依頼頂いたので、そちらもご案内します。

半丸タイプの軒樋に丸タイプの竪樋を設置。

これですべての工事が完了しました。