· 

セメント瓦屋根から雨漏れ。下葺き増し張り工事。 宇都宮市

 

宇都宮市で雨漏れがあったお宅の屋根状況です。

赤印をつけたところのセメント瓦に亀裂が入り、そこから雨水が侵入していたことが雨漏れの原因でした。

このセメント瓦。現在生産していないものが多いのでこういった差し替えが必要な修理工事では代用品をこしらえる局面に立たされます。

 

 

 

 

 

 

破損している箇所とその付近の平部、棟部を解体した様子です。

やはり亀裂のあった箇所を中心に雨水が長い間侵入していたようです。

下葺き材の瓦桟木やルーフィング(防水紙)が著しく劣化していました。

 

 

 

 

 

新規ルーフィングを増し葺きし、瓦桟木を施工します。

これで雨水が瓦から侵入しても、天井を濡らすことはないでしょう。

 

 

 

 

 

運よく予備のセメント瓦があったので、それを差し替えて納めることが出来ました。

隣接する棟との雨仕舞い強化のために、板金で捨て水切を加工取付。このひと手間がとても重要なんです。

これでお客様も安心して雨の日もお過ごしになれます。